読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコノスの写真日記

フィルムとデジタルの狭間からお送りします。毎日写真を撮って気付いたことを書くブログ。スナップ、ポートレートが大好き。twitter: @nikonosf

f1.2の破壊力!

私のオールドレンズ遍歴No.2

Nikon f1.2

 

Nikkor-S-C とAiのモデルを使ったことがある。

S-Cのほうはヤフオクでジャンクとして買ったのであるが、絞りが動かない。光学系は問題なさそうだったが、部品が欠落していたようで、直そうにも直せず。利益ナシで売り事なきを得た。

 

Aiもヤフオク

こちらも訳アリで。レンズを開けて清掃したら超キレイになったので、荻窪から吉祥寺まで撮影歩行。

 

iso100 1/4000 f1.4  ひどい周辺減光。
f:id:cantonponeys:20160826222815j:image

iso100 1/250 f2.8くらい。
f:id:cantonponeys:20160826222831j:image

iso100 1/60 f2.8
f:id:cantonponeys:20160826222837j:image

 夕方、解放で逆光。
f:id:cantonponeys:20160826222500j:image

 

多少色のノリは悪いが、ほわっと浮く感じの描写は嫌いじゃない。

伝説の非球面Noct-Nikkor58/1.2にあるように、f1.2という世界一の明るさによりNoct(夜)でも写る。開発当時のフィルムだとせいぜいiso100か200。夜のシャッタースピードは切実だ。

解放、シャッター1/4。構図、ピント良し。ミラーアップせよ。ブレテナイ、ブレテナイ。スチャッ…(Voigtlander Bessaのようなシャッター音)…ふう。

デジタルはいくらでも感度上げて撮れるから、こういう苦労はない。むしろしない方がいいかも。1/4なんてフィルムだからできる芸当。デジだと1/焦点距離でもブレが恐いもん。

露出の事ばかり考えてると、シャッターチャンスを逃すことにもなる。

 

f値の小さいレンズがドンドン開発されたのは、太平洋戦争の影響が大きい。敵の観測、記録用に明るいレンズを軍が欲したのだ。できたのがコレ。

✴トプコン 5cm f0.7✴

昭和10年代にこんなものが存在していたなんてつくづく戦争のエネルギーは恐ろしい。

しかし一眼レフ時代になって、バックフォーカスが確保できなくなるとf値競争は振り出しに戻った。

 

中一光学という中華系の会社がフルサイズ一眼用にf0.95(←世界最速)というレンズを出している。描写も許せる程度らしい。

 

 ちょっと使ってみたいかも。

 

 

 

 

f0.95の後にコレを持ってくると見事に霞むだろう。ああ…f値に目が眩む。

 

結局重すぎて売ってしまったけれど、今も現行MFラインナップに残されているということは、間違いなくいいレンズ。

私からのアドバイスだが、できるだけ安い新品を買おう。あの中古相場は不当だ。