読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコノスの写真日記

フィルムとデジタルの狭間からお送りします。毎日写真を撮って気付いたことを書くブログ。スナップ、ポートレートが大好き。twitter: @nikonosf

Nikon AFーS 28mm f1.8G VS AiAF28mm f2.8

"Nikon AF-S 28mm F1.8G"

これで検索をかけると、沢山の人が書いているようだから今まで書く気が起きなかったのだが、売ってしまったのでちょこっとレビューをば。

f:id:cantonponeys:20170405220416j:image

前から使っているAF28mm f2.8(Dタイプではない、中期型)は、構成枚数が後期型のDタイプより少なく、抜けがいい、周辺減光の少ないレンズとの評判(伝聞)で入手したものだ。

しばらくそれで撮っていたのだが、室内など暗いところでのピント合わせが難しい。マニュアルフォーカスの話である。

基本的にAFは信用していないので、特に人物を撮るときは必ずマニュアルでピント合わせを行うことにしている。日中、屋外ならば何の問題もないのに、ちょっと暗い所ではストレスが大きい。

開放f値が大きいので、必然的にファインダーが暗くなる。被写界深度もあるので、どこにピントが来ているか、わかりにくいのだ。

これが広角はレンジファインダーで、と言われる所以だろう。確かに距離計カメラならば50mmも28mmもピント合わせは変わらない。

 

ということで、28ミリの1.8を検討し始めたのだ。時を同じくして給料日

いやはやモノスゴイ解像力である…

 



f:id:cantonponeys:20170401080312j:image

f:id:cantonponeys:20170401080255j:image
フィルムはC200、どちらも開放だったかと思う。開放からここまでパッキパキだと、ファインダー像も逸品級。

木肌の苔、花弁の雫、自分は写真が上手くなったのでは?と錯覚するほどクッキリだ。

F4くらいがシャープネスのピークだと思う。


わ、キレイ!と思うとすぐ寄ってしまうのが癖。
f:id:cantonponeys:20170405220104j:image

 


f:id:cantonponeys:20170405220002j:image
f:id:cantonponeys:20170405220445j:image


「写真はレンズ」という言葉を心底重い知ったのはこの時である。この逆光耐性はナノクリでこそなせる技。

 

さて、問題にしていたピントの合わせにくさは、まったくストレスがない。暗い室内、MFでもピントの山が明瞭で、スッとピントが合う。まずファインダーの明るさからして違いますからね。1.3段の落差は侮れないです。うん。

f:id:cantonponeys:20170403163240j:image
これは、歪まなくていい

↑AF-S1.8G

↓AiAF2.8
f:id:cantonponeys:20170403163415j:image
歪んでいる気がする

 

レンズの描写面では満足中の満足を味わった。味とか雰囲気とか、そーいうのは置いといて、とにかく目が痛いほどの解像力・コントラスト。驚異的なほど歪まないので、建築を撮ってもOKだ。

フルサイズユーザーで28mmが好きなら、マスト・バイなレンズと思う。

中古価格が着々と下がってきている今、けっこうお得なのでは?もしくはニコンが28/1.4を出すのを待って買う?(出ないかも知れぬが…)

 

 28mmは大好きだが、いかんせん先代、AiAF28の2回りは大きい。また、中判ネガを優に越える解像度を誇るデジタルのために開発されたレンズだから、35mmネガにとっては、ちょっと宝の持ち腐れ感。

結局、持て余して売ってしまうことになった。より良いものを知ると、旧レンズが苦手な状況で「あのレンズだったら…」と邪念が湧いてしまう。たまーに、ふっと後悔が押し寄せてくるが、これでいいのだ、と自分に言い聞かせる。それだけ素晴らしいレンズだったのだ…

超解像度と、濃厚な色乗りの感動を与えてくれたAFーS 28mm f1.8Gに感謝。

 

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G フルサイズ対応

 

 

Nikon 28mm f1.8G 0002

 

↓旧レンズも、なかなかやるもんですよ。モノクロと合う。

f:id:cantonponeys:20170405221031j:image
f:id:cantonponeys:20170405214329j:image

f:id:cantonponeys:20170405222825j:image